2011年4月25日月曜日

オスとメス

哺乳類など性決定がXX/XY型の生物では、性染色体にXとYがあり、メスはX染色体が二個であるのに対し、オスはX、Y染色体を一個ずつ持っている。


メスが「単」とすれば、オスは「複」である。メスより、オスの方が染色体の配色が豊かなのだ。孔雀のオスがそれを端的に示している。あの羽根の美しさと彩りは、オパールのそれと似ている。


男性を意味する、フランス語は「オム」である。「パール」をメスとすると、オスの「オ」、オムの「オ」がついて、「オパール」になると、色調が「複」となる。

コメントを投稿